体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

筋肉量が増えれば体脂肪は減りますか?

 

メタボリックシンドロームなどが注目されていますが、体脂肪が増えすぎていると、肥満になったり生活習慣病の原因などになるとして、適正範囲を保つことが勧められています。

 

そんな体脂肪を減らす方法は、食生活の改善や生活習慣の改善、適度な運動を取り入れることです。

 

脂肪燃焼効果を高めるには、有酸素運動が効果的と言われています。

 

有酸素運動は、あまり激しくない運動で、ウォーキングやジョギング、自転車、ヨガ、ピラティスなどがあります。

 

しかし、有酸素運動を取り入れても、基礎代謝が良くないと体脂肪を効率よく減らすことはできません。

 

ですから、有酸素運動と同時に筋肉量も増やすことが効果的です。

 

体脂肪を落としたいなら、有酸素運動だけではなく、筋肉トレーニングも取り入れることが効果的と言われています。

 

また、基礎代謝が上がっていると、運動をしていない状態の時でも脂肪が燃焼されやすくなるので、体脂肪が減りやすい体になります。

 

逆に基礎代謝が悪いと太りやすい体になります。

 

ダイエットをしたいからと言ってきつい食事制限をすると、筋肉が衰えて基礎代謝が悪くなります。

 

食事はしっかりと栄養を考えたものを摂るようにし、筋肉量を落とさずに基礎代謝を上げておくことで体脂肪が減りにくくなります。

 

体脂肪を減らすには、食生活と生活習慣を見直すことと、適度な運動を取り入れることをオススメします。