体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

断食すれば体脂肪は落ちますか?

 

体脂肪が多いと肥満だけではなく、生活習慣病などの原因になるとして、メタボリック症候群の検査など、体脂肪が注目されています。

 

体脂肪を減らすには、カロリーコントロールと適度な運動が効果的です。

 

と言うことは、摂取カロリーを減らすために、断食すれば体脂肪が落ちると考える人もいるのではないでしょうか?

 

断食とは食べ物を摂取しないことなので、カロリーを摂らないことになります。

 

ですから、考え方は間違いではないのかもしれません。

 

しかし、断食して、カロリーを摂取しないとなると、体が飢餓状態になり危険を感じます。

 

そうすることで、体が体脂肪を余分に溜め込もうとします。

 

断食は、短期間で行うものですが、その間に体脂肪を溜め込みやすい体に変わっていきます。

 

その結果、通常の食事に戻った時に、体脂肪がたまりやすくなっているので、結果的に体脂肪が落ちるとは言えません。

 

逆に体脂肪が溜まりやすくなるので、断食前よりも体脂肪が増えてしまう可能性もあります。

 

それが、リバウンドです。

 

体に無理をかけて体脂肪を減らそうとしても、リバウンドしてしまったら意味がありません。

 

体を壊してしまうことにもつながります。

 

ですから、体脂肪はバランスの取れた食事でカロリーをコントロールし、適度な運動を取り入れることが効果的です。

 

地道にコツコツと減らしていくのが、体に無理なく体脂肪を減らせる方法です。