体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪が燃焼する仕組み

 

体脂肪を蓄積させるのは、食べ物から摂取するカロリーです。

 

そして、体脂肪を燃焼させるためには、運動などで体を動かす必要があります。

 

運動をすると、どのようにして脂肪が燃焼されるのでしょうか?

 

脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が効果的です。

 

有酸素運動をすると、エネルギーが必要になります。

 

そうすると、アドレナリンやノルアドレナリンなどの脂肪動員ホルモンが分泌されます。

 

そうすることで、脂肪を分解する働きがあるリパーゼが活性化されます。

 

脂肪が分解されると、グリセロールと遊離脂肪酸へと変化して、血液に放出されるのです。

 

そして、筋肉でエネルギーとして消費されるのです。

 

消費されなかったエネルギーが蓄積されると体脂肪となるのです。

 

運動をするとエネルギーが消費されるのですが、まず使用されるのは糖です。

 

その糖がなくならないと脂肪が消費されないので、体脂肪を消費するには、ある程度の時間の運動が必要になります。

 

少し前までは、体脂肪が燃焼されるには、20分以上の有酸素運動が必要と言われていました。

 

しかし、最近では連続した有酸素運動ではなく、途切れ途切れでも有酸素運動を続けることで脂肪燃焼の効果があると言われています。

 

ですから、体脂肪を燃焼させるには、ある程度有酸素運動を続ける必要があるようです。

 

運動を毎日続けると言うのはなかなか根気がいることなので、通勤や通学を歩きや自転車にすることから始めるのがオススメのようですよ。