体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪が多すぎるとどうなりますか?

 

体脂肪と言う言葉は、メタボリックシンドロームの検査が健康診断に加わることになり、一気に知名度が上がりました。

 

体脂肪が多いのは肥満の原因だけと思って、そのままにしておく人も多いと思いますが、体脂肪が多くなると肥満だけではなく、生活習慣病など色々な病気を引き起こす原因となってしまうのです。

 

例えば、高血圧、高血糖、動脈硬化などを引き起こしてしまったり、それらが悪化することで、心臓病や脳卒中などを引き起こすことにもつながります。

 

体脂肪は、内臓脂肪と皮下脂肪の2つに分けられます。

 

そのうち特に内臓脂肪が、生活習慣病に大きく関わると言われています。

 

ただの肥満だと思って、そのままにしておくのは危険です。

 

また、見た目には普通に見えるのに、体脂肪が高い隠れ肥満が増加しているそうです。

 

隠れ肥満と言うのは、内臓脂肪が多い状態なので、見た目には見えませんが、肥満や生活習慣病の危険が多く潜んでいることになります。

 

見た目が肥満ではないからと言って、油断は禁物です。

 

肥満や生活習慣病を予防するためには、自分の体脂肪率をしっかりと知ることと、食事や生活習慣を見直すことが大切です。

 

脂肪や糖分を控え、飲み過ぎや喫煙も控えたいですね。

 

ストレスや睡眠不足と言うのも体脂肪に関係してきますし、生活習慣病の原因ともなるので、毎日の生活を規則正しくしたり、ストレスを溜め込まないようにすることも大切です。