体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と不妊症の関係

 

女性は男性と違い、出産と言う大きな仕事ができる体になっています。

 

といっても、妊娠と言うのはとてもデリケートなことです。

 

ちょっとしたホルモンバランスの崩れで、不妊となってしまうこともあるのです。

 

不妊の大きな原因となるのが排卵障害です。

 

妊娠するためには排卵が必要になるのですが、その排卵が起きないことで不妊となってしまうのです。

 

排卵障害の原因は、ストレスや疲労なども関係してきますが、無理なダイエットをすることで、排卵が無くなってしまう事もあるようです。

 

そして、その逆に体脂肪が多い肥満となることで、ホルモンバランスが崩れて排卵が起きにくくなってしまうこともあるようです。

 

体脂肪が多くなってしまうと、脂肪の中に卵胞ホルモンが蓄積されてしまうために排卵が起こりにくくなるようです。

 

また、ホルモンは体重に応じた量が必要となり、体重が増えて肥満体となってしまうことで、ホルモンが不足してしまいバランスが悪くなってしまうのです。

 

さらに、体脂肪が多い人は、多嚢胞性卵巣症候群にもなりやすいと言われています。

 

無理なダイエットでも、ホルモンバランスを崩しやすいので、肥満を解消するために無理なダイエットをしても、不妊解消の効果は期待できません。

 

バランスの良い食事や適度な運動で、コツコツと地道に改善していくことが大切です。

 

また、体脂肪が多い人は、月経異常を引き起こすこともあるので、気になる症状がある人は早めに受診するといいでしょう。