体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と動脈硬化の関係

 

最近は、メタボリックシンドロームなどがよく知られるようになり、それと同時に体脂肪と言う言葉も、多くの人に浸透してきています。

 

体重計に体脂肪計がついているものもあり、自宅でも気軽に自分の体脂肪率を測ることができます。

 

体脂肪率が高いと肥満や生活習慣病やその他の病気を引き起こしてしまう原因となります。

 

その病気の一つに動脈硬化があります。

 

動脈硬化はその名前からもわかるように、体中にある血管が硬くなってしまっている病気です。

 

自覚症状がほとんどないので、自分ではなかなか判断しにくいのですが、心筋梗塞や脳梗塞につながることもあるので、しっかりと改善や治療をする必要があります。

 

動脈硬化の予防に効果的なのは、バランスの取れた食事です。

 

動脈硬化を起こしやすい原因として、食べ過ぎや飲み過ぎによる肥満があります。

 

肥満になると言うことは、体脂肪も高い状態であると言えるでしょう。

 

ですから、体脂肪と動脈硬化は、大きく関係しているのです。

 

体脂肪を落として、動脈硬化を予防するためには、バランスのよい食事や適度な運動を心がけましょう。

 

動悸、めまい、耳鳴り、息切れ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、記憶低下など、心配な症状が現れた場合には、早めに受診することをオススメします。

 

体脂肪を適正値に保ち、動脈硬化やその他の病気を予防しましょう。