体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と脳卒中の関係

 

現在の日本人の死亡原因は、第1位ががん、第2位が心臓病、第3位が脳卒中と言われています。

 

脳卒中とは、脳の血管に問題があり、脳に血液が回らなくなり、酸素や栄養が届かなくなってしまうため、脳の組織が破壊されてしまう病気です。

 

死亡率は低い病気のようですが、患者数はかなり多く、発症すると言語障害や麻痺などの後遺症に悩まされてしまうことが多いのも特徴です。

 

脳卒中の原因は色々と考えられますが、動脈硬化や高脂血症なども大きく関わってくるようです。

 

動脈硬化を起こしてしまうと、血管が狭くなったり、血栓が出来やすくなり血管が詰まりやすくなってしまいます。

 

高脂血症になると、血液中にコレステロールや中性脂肪が増え、流れにくいドロドロの血液になってしまいます。

 

そうすることで、血液循環が悪くなり、脳梗塞やくも膜下出血などを引き起こしてしまう原因となるのです。

 

これらに共通している原因が、脂肪です。

 

食べ過ぎや飲み過ぎによって蓄積された脂肪が、脳卒中を引き起こす原因となっているのです。

 

体脂肪が多い肥満と言われる人は、動脈硬化や高脂血症、高血圧、高血糖などの症状がある人が多く、それが脳卒中を引き起こす原因となっているのです。

 

生活習慣の乱れや、食生活、運動不足が体脂肪に大きくかかわってくるため、脳卒中とも関わりが大きいと言うことになります。

 

脳卒中を防ぐためには、体脂肪を減らすことが大切です。

 

体型維持だけではなく、健康のためにも体脂肪を適正値に保つことが必要となります。