体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪とがんの関係

 

体脂肪が多いと肥満とされるので、体脂肪は適正値に保つように心がけたいものですね。

 

そして、体脂肪が多くなると肥満だけではなく、生活習慣病やそれ以外の病気の原因や悪化につながることがあります。

 

ですから、健康のためにも体脂肪を適正値に保つことは大切なのです。

 

死亡原因でも上位にランクインするのが、がんです。

 

そのガンも、体脂肪と関わりがあるようです。

 

動物実験によると、栄養過多によって癌が発症すると言うことが認められています。

 

体脂肪が高いと言うことは、食べ物からのカロリーを多く摂っていると言う事になります。

 

実際に人間も肥満体型の人は乳がんや卵巣がん、子宮体がん、前立腺がんなどの発症率が高いそうです。

 

その他にも、胆管がん、胆のうがん、腎臓がん、大腸がんなどの原因となることもアメリカの統計でわかっています。

 

日本でも食事が欧米化していることがあり、それに伴って肥満が増加していると言われています。

 

その他、カロリーを消費する運動も不足している人も多いようです。

 

肥満となり、ホルモンバランスが崩れることでも乳がんや子宮がんの可能性を高めてしまうので、健康な体のためには、体脂肪を適正に保つのはとても大切なようですね。

 

肥満は万病の元です。

 

栄養バランスを考えた食事と、適度な運動を心がけましょう。