体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と排卵障害の関係

 

女性には出産と言う大きな仕事ができるように体が作られていて、そのために女性ホルモンのバランスと言うのはとても大事になってきます。

 

赤ちゃんを産むには、排卵が起きていることが大切です。

 

その排卵もホルモンバランスが大きく関わっているのです。

 

排卵がうまくいかないと、不妊の原因となってしまいます。

 

ホルモンバランスを崩してしまう原因は、ストレスや疲労なども考えられます。

 

過度なダイエットも原因であることがありますが、実はその逆でもバランスを崩してしまうのです。

 

体脂肪が多い肥満と言われる人は、ホルモンバランスが崩れやすく、排卵障害を起こしやすいと言われています。

 

月経異常を引き起こす人も多く、実際に肥満の人の多くに無月経、稀発月経、過少月経が認められていると言われています。

 

また、ホルモンバランスが崩れることで、子宮がんや乳がんを引き起こしてしまう可能性もあるようです。

 

体脂肪が高いことで、生活習慣病などを引き起こしやすいとも言われていますが、女性の場合、ホルモンバランスから起こる排卵障害や月経異常なども心配ですね。

 

排卵障害は不妊の原因の一つなので、妊娠を望んでいる人は、体脂肪を適正値に保つことを心がけましょう。

 

妊娠などに関係なく、健康のためにも、食べ過ぎ飲み過ぎを控え、適度な運動も取り入れるようにしましょう。

 

また、不規則な生活も排卵障害の原因や体脂肪の原因となります。

 

ですから、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。