体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と変形性関節症の関係

 

変形性関節症と言うのは、肘や膝、肩、足の付け根などの関節の痛みや腫れがあり、症状が悪化すると、腫れたり関節が変形してしまう病気です。

 

年齢が高くなるほど起こりやすいと言われていますが、どんな関係があるのでしょうか?

 

変形性関節症は、遺伝なども関係していると言われていますが、主に筋力が弱くなって関節に負担がかかりやすくなったり、関節を長年に渡って使い続けたり、特定の関節を酷使したりすることが原因と言われています。

 

年齢を重ねると筋肉も衰えてきますし、それが大きな原因となるのでしょう。

 

しかし、変形性関節症は肥満の人にも起こりやすい症状です。

 

肥満体型の人は、体が重く、関節に大きな負担がかかります。

 

その体重を支えるだけの筋肉があればいいのですが、肥満の人は筋肉が衰えていることも多いため、自分の体重を支えることができずに変形性関節症を引き起こしやすくなってしまいます。

 

肥満と言うことは体脂肪が多い状態と言えるため、体脂肪と変形性関節症は大きく関係してくるのです。

 

変形性関節症を引き起こさないためには、体重を落とし、関節に負担をかけないことです。

 

そして、筋肉をつけ、体を支えられるようにすることです。

 

食生活の乱れや運動不足が心配されている現代人は、毎日の生活を見直してみる必要がありそうです。

 

変形性関節症の症状があると言う時には、痛みを我慢せずに早めに病院を受診することをオススメします。

 

早くから治療をすることで、変形を最小限に抑えることができるようです。