体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と腰痛の関係

 

最近は、体脂肪と言う言葉もかなり浸透して来ました。

 

ダイエットをする時に体重ばかりを気にしがちですが、体脂肪を減らすことが大切なので、体脂肪計が家にあるといいですね。

 

そんな体脂肪は、生活習慣病の原因や悪化につながるので、適正値を保つように心がけるよう言われていますが、怖いのは病気だけではありません。

 

体にも色々な悪影響が出てきます。

 

最近は隠れ肥満と言われる見た目はスリムなのに体脂肪が高いと言う人もいますが、体脂肪が高い人の多くは、体重が多いでしょう。

 

体重が思いと全身の骨、筋肉、関節などに大きな負担をかけています。

 

体重を支えるだけの筋肉がついていれば問題はありませんが、そうではない人の場合は注意が必要です。

 

体重が多い人は、腰や関節などに重みがかかることで、腰痛や関節痛などを引き起こしてしまうのです。

 

痛みだけではなく、変形を引き起こしてしまうこともあり、体への悪影響が心配されます。

 

運動不足で体を支えるための筋肉が衰えていると言う人や、肥満が腰痛の大きな原因となる場合もあります。

 

腰痛を解消するためには、適度な運動で筋肉を鍛え、食生活を見直して、食べ過ぎ飲み過ぎを止めましょう。

 

筋肉が鍛えられると代謝も良くなり、脂肪を燃焼しやすくなります。

 

睡眠不足などの生活習慣も体脂肪を高める原因となりますので、気をつけましょう。