体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と睡眠時無呼吸症候群の関係

 

あなたの周りに、よくいびきをかく人はいませんか?

 

ただうるさいだけと思っているかもしれませんが、いびきは病気のサインの一つかもしれません。

 

いびきは、睡眠時無呼吸症候群の症状の一つです。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に10秒以上呼吸が停止することがあると言う病気です。

 

睡眠時無呼吸症候群は、そのままにしておくと命に関わることもあります。

 

また、生活習慣病との合併症の危険も多いので、早めの治療が必要です。

 

睡眠時無呼吸症候群は、脂肪組織が気道を狭くしたり圧迫することで起こります。

 

症状の一つであるいびきは、狭くなった気道を空気が通る時に、雑音として発せられることで起こります。

 

原因は脂肪組織ですから、肥満の人に多いと言われる症状です。

 

脂肪が多くなることで脂肪組織も大きくなり、気道を塞ぎやすくなってしまうのです。

 

扁桃肥大、小顎、下顎抗体などが関係していると言うことも考えられますが、体重増加よって発症したり悪化することも多くあり、注意が必要です。

 

体重が増加すると言うことは、食べ過ぎ飲み過ぎと言うことがあるでしょうから、体脂肪の増加とも大きく関係していると言えます。

 

睡眠時無呼吸症候群を予防改善するためには、栄養バランスの取れた食事と、適度な運動を取り入れるといいでしょう。

 

体脂肪が多い人は、毎日の生活を見直してみることが必要になるでしょう。