体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と高尿酸血症の関係

 

食事の欧米化などにより、生活習慣病を発症する人が急増しているようです。

 

日本の古くからの食事と言うのは、野菜や魚、豆腐などの低カロリーのものを使ったメニューが多かったのですが、現代の食事は、野菜が不足し、脂肪の多いメニューが多いように感じます。

 

車を持っていると言う家庭がほとんどと言うこともあり、昔よりも運動不足とも言われています。

 

そのため、体脂肪が高い人が増えているのです。

 

ダイエットをしようと思ったら体重を減らすことばかり考えますが、大事なのは体脂肪を減らすことです。

 

そんな体脂肪は肥満のもとだけではなく、様々な病気を引き起こす原因ともなっています。

 

例えば、高尿酸血症です。

 

高尿酸血症は、血中に尿酸が増えすぎている状態です。

 

増えすぎて排出しきれないでいると、高尿酸血症を引き起こしてしまうのです。

 

この尿酸が関節に溜まってしまう事で激痛を引き起こすこともあります。

 

それが痛風です。

 

痛風は贅沢病とも言われることがあり、その原因が食べ過ぎ飲みすぎです。

 

尿酸は体脂肪が高くなるほど高まり、肥満が解消されることで下がっていくことがわかっています。

 

ですから、高尿血症の予防改善には、体脂肪を適正に保つことが大切です。

 

そのためには、毎日の食事や生活習慣を見直してみる必要がありますね。