体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と高脂血症の関係

 

過食や運動不足などが原因となり、体脂肪が蓄積され、生活習慣病の原因となっている人が、最近急増しているようです。

 

メタボシックシンドロームの検査も、そのような病気などを予防するために行っているものです。

 

体脂肪が蓄積されることで起こりやすい動脈硬化の大きな原因の一つとして挙げられるのが高脂血症です。

 

高脂血症は、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えている状態のことを言います。

 

高脂血症は、怖い病気と言うイメージを持っていない人が多いようです。

 

自覚症状がない病気なので、気がつかないと言う人も多く、自覚症状が出た時には、狭心症や脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こしてしまう怖い病気なのです。

 

自覚症状がなく症状が進んでしまうことから、サイレンとキラーとも言われているようです。

 

高脂血症の原因の一つである中性脂肪と言うのは、蓄積されると体脂肪となります。

 

ですから、体脂肪が高いと言うことは中性脂肪などが多いと言うことになり、高脂血症になる原因となるのです。

 

高脂血症の予防や治療としては、食事や生活習慣の見直しです。

 

脂肪や甘いものを食べ過ぎないように心がけ、アルコールも控えましょう。

 

また、運動を習慣にすることで、代謝をアップさせ、体脂肪を消費しやすい体を作ることも効果的です。

 

薬物療法などもあるようですが、まずは食事と生活習慣の見直しから始めるといいでしょう。