体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と糖尿病の関係

 

体脂肪は、最近よく聞く言葉となりましたね。

 

自宅でも簡単に体脂肪率を測ることができるようになり、身近なものとなっています。

 

そんな体脂肪は、少なすぎても問題なのですが、多すぎるのも体に悪影響を及ぼします。

 

体脂肪と言うのは、内臓脂肪や皮下脂肪です。

 

消費カロリーが摂取カロリーよりも少ないと、残ったカロリーが蓄積されて体脂肪となるのです。

 

体脂肪は肥満の原因ともなりますし、生活習慣病の原因になったり悪化させてしまう恐れもあります。

 

その生活習慣病の中の一つが糖尿病です。

 

糖尿病と言うのは食事などで摂った糖質をエネルギーに変える働きをしてくれるインスリンの分泌量が減り、血液中の血糖値が慢性的に増えている状態のことです。

 

体脂肪が多く蓄積されていると、糖尿病の大きな原因となると言われています。

 

体脂肪が溜まると言うことは食べ過ぎていると言うことが多く、食べ過ぎはインスリンの感受性を弱め、インスリンの効果も弱まってしまうのです。

 

ですから、余分な糖分が血液中に流れ込んでしまい、血糖値が上がってしまい、糖尿病へとつながるのです。

 

食べ過ぎや太りすぎは血糖のコントロールができなくなってしまうので、バランスのよいヘルシーな食事を取るように心がけましょう。

 

そのためには、毎日の食事をしっかりと見直すことが大切です。

 

運動などを取り入れて、体脂肪を落とすこともオススメです。