体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

腸内環境のバランスを整える

 

便秘に悩んでいる女性は意外と多いものです。

 

便秘には色々な原因がありますが、便秘になってしまうと、体に老廃物がたまり、代謝がダウンするのでダイエットの敵となります。

 

便秘を解消するには、腸内環境のバランスを整えることが大切です。

 

腸の中には、多くの細菌が存在します。

 

その細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3種類に分けることができます。

 

善玉菌とは、健康維持や免疫細胞の活性化など、腸内を正常に整えてくれる効果がありますが、悪玉菌は、病気の発生や悪化、有害物質を発生させるなど、体に悪さをします。

 

この影響で腸の活動が悪くなり、便秘になりやすくなるのです。

 

日和見菌はどちらにも属さない中立の菌なのですが、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうと、悪玉菌に変化することもある菌です。

 

このように、腸内の細菌のバランスが崩れてしまうことで、便秘を引き起こしやすくなるのです。

 

腸内環境を整えるには、お肉などの動物性油脂を摂り過ぎないことです。

 

そして、食物繊維を多く摂るようにすることです。

 

動物性油脂には悪玉菌を増やしてしまうことがわかっているので、食べ過ぎることで、腸内の菌のバランスが崩れやすくなります。

 

食物繊維は、便秘改善効果もある他、体の老廃物を一緒に排出してくれる効果もあり、腸内の菌の働きを正常に保ってくれます。

 

食生活に気をつけ、腸内環境のバランスを整えることで便秘を予防し、体脂肪を効率よく落としていきましょう。