体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

活性酸素を増やさない

 

活性酸素と言うのは、呼吸をすることで体内に取り入れられた酸素の一部が変化して発生したもので、体を病原菌から守ってくれる働きがあります。

 

しかし、この活性酸素と言うのは力が強すぎるため、細胞を傷つけてしまったり、代謝が悪くなり体が酸化し、老化を進めてしまったりと、体に悪影響も及ぼしてしまうのです。

 

代謝が悪くなると、体脂肪も燃焼されにくくなるので、ダイエットにもよくありませんね。

 

タバコや飲酒は、活性酸素を発生させる原因となります。

 

その他にも、寝不足、ストレス、偏食、食べすぎ、紫外線、電磁波などが影響し、活性酸素を増やしてしまっているのです。

 

ですから、活性酸素を増やさないためには、食生活や生活習慣を見直すこと、ストレスを溜め込まないこと、紫外線をケアすること、電磁波を浴びすぎないようにすることなどです。

 

改善できることがあれば、できるだけ早く改善しましょう。

 

活性酸素を増やさないようにすると、体脂肪が減りやすいだけではなく、老化を防ぐことにもなるので、美肌効果なども期待できますよ。

 

生きている限り、活性酸素をゼロにすることはできません。

 

しかし、増やさないようにすることはできます。

 

野菜などは抗酸化食品と言われているので、そのような食品を多く摂るように心がけることも大切です。

 

活性酸素を増やさない生活で、健康で痩せやすい体を手に入れましょう。