体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

睡眠をしっかり取る

 

忙しい現代、睡眠をあまり取らない人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、睡眠不足と言うのは、体脂肪の燃焼に悪影響です。

 

睡眠を取らないと言うことは疲れが取れず、体が疲れていると心も疲れてしまい、ストレスとなってしまいます。

 

ストレスを溜めると暴飲暴食につながったり、活性酸素を増加させてしまうことにもなるので、ダイエットにはよくありません。

 

また、体内物質であるレプチン、グレリンも関係してきます。

 

レプチンには、食欲を減少させる働きがあり、体脂肪を減らしてくれます。

 

逆にグレリンは、食欲を増進させるので、体脂肪を増やす効果があるのです。

 

睡眠をあまり取らない人は、体脂肪を減少させる効果があるレプチンが減少し、体脂肪を増加させるグレリンが増加すると言われています。

 

夜更かししてしまうと、このレプチンとグレリンの分泌量が変化してしまうので、体脂肪を増やしてしまうことになるのです。

 

夜更かしをすると太ると言うのは、これが原因だったのです。

 

ですから、体脂肪を効率よく減らすには、よく寝ることです。

 

しっかりと寝ることで疲れも取れ、翌日はすっきりと起きることができますし、活発に行動ができます。

 

体脂肪を減らすには、食事制限や運動ばかりを気にしてしまいがちですが、毎日の生活習慣を見直すだけでも、体脂肪を減らす効果があるかもしれません。