体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

お酒を控える

 

ダイエットをしていると、お酒は控えたほうがいいと言われますよね。

 

お酒は高カロリーなイメージがありますが、アルコールはエンプティーカロリーと言われていて、飲んでも脂肪にはならないカロリーです。

 

お酒は飲んでもカロリーが放出されるようです。

 

しかし、ビールやワインなどには、アルコール以外のものも含まれているので、多少のカロリーはあるでしょう。

 

カクテルなど甘いお酒は、糖分を多く含んでいるのでカロリーも高くなります。

 

しかし、一番問題になるのはおつまみです。

 

お酒を飲むと、ついついおつまみが食べたくなってしまいますよね。

 

お酒に合うおつまみと言えば、揚げ物やナッツ類、スナック菓子など、カロリーの高いものが多くあります。

 

低カロリーのお酒を飲んでも、高カロリーのおつまみを食べてしまっては、体脂肪として蓄積されてしまいます。

 

そして、アルコールには体脂肪を蓄積しやすくする働きがあるようなので、おつまみを一緒に食べることで、体脂肪になりやすいのです。

 

とは言え、何も食べずにお酒を飲むと、体に負担がかかってしまうことがあります。

 

ですから、体脂肪を減らしたいと思っている人は、できるだけお酒を控えたほうがよさそうです。

 

といっても、お付き合いなどでお酒を飲まなくてはいけない時もあるでしょう。

 

どうしてもお酒を飲む時には、お豆腐などの低カロリーのおつまみと一緒に飲むように気をつけましょう。