体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪の測定方法

 

体脂肪は、年齢や性別によって適正値があります。

 

女性は妊娠や出産の時に体脂肪が必要となるので、男性よりも適正値が少し高めです。

 

では、体脂肪と言うのは、どのようにして測定するのでしょうか?

 

最近は、体脂肪計が家にある人も多いのではないでしょうか?

 

体脂肪を測るだけのものや、体重計と一緒になっているものがあります。

 

体脂肪計は、体に微弱の電流を流し、電圧と電流の比率を計算し、身長や体重、年齢などを元に体脂肪を測定するのです。

 

電流を流して測定をするので、裸足で計測する必要があります。

 

そして、できるだけ裸に近い状態の方がいいようです。

 

体脂肪を計るタイミングは、食後、お風呂上り、運動の後は避けましょう。

 

正しい数値が計測されないことがあります。

 

自分で体脂肪の測定をするのは正確なのかと言うと、多少の誤差はあるようです。

 

誤差を減らすためには、毎日同じ時間、同じ状態で計測するといいようです。

 

それでも多少の誤差はあると思いますが、自分の体のための目安としては十分なのではないでしょうか?

 

体脂肪は、多すぎると肥満の原因となりますが、体にとって大切な役割も多くありますので、減らしすぎるのも良くありません。

 

自分にとっての適正値をしっかりと把握して、適正値を保つことが、健康にとって大切となります。

 

そのためには、正しく体脂肪を測定しましょう。