体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

心拍数があまり上がらない運動をする

 

体脂肪を減らしたいと思ったら、食生活を改善して、摂取カロリーを控えるのもいいですが、運動を取り入れるのも効果的です。

 

体脂肪を燃焼させるのに効果的な運動は、ウォーキングや水泳、自転車などの有酸素運動です。

 

腹筋やベンチプレスなどの筋肉を鍛えるような運動は、無酸素運動です。

 

無酸素運動は体に負荷がかかりやすい運動なので、心拍数が上がります。

 

脂肪燃焼に効果的なのは、心拍数が余りあがらない運動です。

 

というのも、心拍数と脂肪燃焼は大きく関わっているのです。

 

体脂肪を燃焼させようとすると、運動時間ばかり気にしてしまいますが、実は体脂肪が燃焼しやすい心拍数と言うのがあるのです。

 

効果的な心拍数は、「220−年齢」で出すことができます。

 

35歳なら220−35なので、1分間に185と言うことになります。

 

運動しながら心拍数を計るには、計測器が必要になります。

 

といっても、計測器を持っている人は、なかなかいないでしょう。

 

ですから、目安は、話をしながらできるくらいの運動です。

 

息は切れるけど話はできると言うくらいの状態だと、あまり心拍数が上がらずに効果的に体脂肪を燃焼することができます。

 

効果をあげるには息が切れるほどの運動が効果的と思っている人もいると思いますが、そんなに無理な運動をしない方が、脂肪燃焼効果が高いのですよ。