体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

運動で体脂肪を落とす場合の運動強度と運動時間

 

体脂肪を落とすには食生活を見直すことも大切ですが、運動も取り入れるとより効果的です。

 

運動で体脂肪を効果的に落とすには、筋肉をつけることが大切です。

 

筋肉をつけることで基礎代謝量がアップするので、何もしなくても脂肪を燃焼してくれる、太りにくくて痩せやすい体を作ることが出来ます。

 

体脂肪を燃焼させやすい筋肉は、インナーマッスルです。

 

インナーマッスルは、筋トレなどのきついトレーニングでは鍛えることはできません。

 

インナーマッスルを鍛えるには、ウォーキングやジョギング、水泳、自転車のような有酸素運動を行いましょう。

 

有酸素運動は、脂肪を燃焼してくれる運動でもあるのですが、運動を始めてすぐと言うのは、糖質がエネルギーとして使用されてます。

 

脂肪がエネルギーとして使用されるには、20分以上の運動が必要になります。

 

あまり長い時間運動をすると言うのも疲労がたまってしまうので、30分から40分の運動が効果的と言われています。

 

有酸素運動は、無理なくできる運動です。

 

無理なくできる運動の基準は、話をしながらできるような運動です。

 

有酸素運動を無理なく取り入れて、体脂肪をすっきり落としましょう。

 

ウォーキングや自転車は、毎日の移動の時に取り入れやすい運動なので、体脂肪が気になる人は積極的に取り入れるといいでしょう。