体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪の理想

 

体脂肪が多いと肥満と言うイメージが定着しているので、体脂肪は低ければ低いほどいいと思っている人が多くいます。

 

しかし、決してそう言うものではありません。

 

多すぎると生活習慣病の原因となるなど敵となる体脂肪ですが、体には無くてはならないものです。

 

体脂肪と言うのは、エネルギーを蓄えたり、衝撃から体を守ったり、体温を調節したりするなど大切な働きをしてくれます。

 

ですから、体脂肪が低すぎると、体に色々な影響が出てきてしまうのです。

 

体脂肪が低すぎるとホルモンバランスも崩れ、女性の場合には生理が止まってしまうことも考えられるのです。

 

女性は、妊娠や出産の時にも体脂肪が必要となるので、体脂肪を減らしすぎるのは、体にとって良いことではないのです。

 

体脂肪は、適正な値があり、それは男性や女性、年齢によっても違ってきます。

 

30歳未満の男性なら14〜20%、女性なら17〜24%、30歳以上の男性なら、17〜24%、女性なら20〜27%が理想だと言われています。

 

年齢が高まると基礎代謝量が減ってしまうので、適正値が高くなるのです。

 

自分の体のためには、体脂肪の適正値を知ることが大切です。

 

体脂肪率は、体脂肪計で測ることができます。

 

体脂肪率を測るためには、身長と年齢、性別、体重を入力する必要があります。

 

このデータを正しく入力することで、正しい体脂肪率を測ることができます。