体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

シトラスアランチウムを摂る

 

日本でおなじみの柑橘系の果物である橙は、ヨーロッパではビターオレンジと言われているようですね。

 

苦味が強めで酸味もあるので、そのまま食べるのにはあまり適さないようですが、マーマレードやポン酢などに使われることが多いようです。

 

日本では、縁起物として鏡餅に使用されているのがわかりやすいでしょうか。

 

そんな橙は、漢方薬としても古くから使用されてきました。

 

学名でシトラスアランチウムと言われていて、脂肪燃焼効果があり、体脂肪を燃やしてくれることでダイエット効果があるとして、注目されている成分です。

 

皮に含まれるシネフリンに脂肪燃焼効果があるそうです。

 

そんなシトラスアランチウムが含まれたサプリなどもあるのですが、少し心配なのが副作用です。

 

カフェインなどと合わせて摂ることで、震えやめまいなどの症状が出ることもあるようです。

 

その他にも、頭痛、心臓発作、精神病など、命に関わるような副作用を起こしてしまうこともあるそうです。

 

体脂肪を落とす効果があるからと言って大量摂取をすると危険なので、注意をしっかりと守り、目安量を守って飲むようにしましょう。

 

飲み合わせにも気をつけたいですね。

 

シトラスアランチウムを摂取したいけど心配がある人は、かかりつけの医師に相談することをオススメします。

 

シトラスアランチウムは漢方や生薬として使用されているものなので、体に悪影響を与えるものではないのですが、使用方法には気をつけるようにしましょう。