体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪を溜めない最適な夜の食事の時間を知る

 

夜に食べると太ると言うのは、もうよく知られていることですよね。

 

あとは寝るだけで、あまりカロリーが消費されないからという風に思っていましたが、どうもそれだけではなさそうです。

 

夜食べると太ると言うことには、BMAL1が関係しているようです。

 

BMAL1と言うのは、体内時計を正常に働かせるたんぱく質のことなのですが、このBMAL1は時間によって量が増えたり減ったりするのです。

 

BMAL1は、昼間はほとんど作られないのですが、夜になると多く作られ、午後10時から午前2時に一番多く、昼間の20倍ほどの量になるのです。

 

そして、このBMAL1が多ければ多いほど、脂肪が溜まりやすくなると言われています。

 

ですから、体脂肪を増やさないためには、BMAL1の少ない時間に食事をすれば良いことになるので、午後10時から午前2時の時間帯には、食事は控えた方がよさそうです。

 

夜ご飯はできれば10時前には終わらせたいものですね。

 

また、寝る前の4〜5時間は食事をしない方が良いとも言われています。

 

寝る直前に食べるのは、消化に悪いと言うこともあるのでしょう。

 

ですから、10時に寝るのなら6時には夜ご飯を食べるのが最適のようですね。

 

仕事などの関係で夜に食事をする夜型の人もいると思います。

 

その夜型の人が全て太っているわけではないので、人それぞれ生活時間によって時間のずれがあるのかもしれませんね。