体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪の種類

 

体脂肪にも種類があることは知っていましたか?

 

体脂肪は、大きく2つに分けることができます。

 

一つは内臓脂肪、そしてもう一つは皮下脂肪です。

 

この違いは何なのかと言うと、脂肪が蓄積される場所の違いです。

 

内臓脂肪と言うのは、名前からもわかるように内蔵の周りにつく脂肪のことを言います。

 

体の見えない部分についているので、見た目では脂肪がついているように見えないこともありますが、体脂肪率が多い場合は、内臓脂肪がたくさん付いた隠れ肥満と言われる人です。

 

内臓脂肪は、女性よりも男性の方がつきやすい傾向にあるようです。

 

男性は骨格が大きいので、内部に脂肪が溜まりやすいのです。

 

男性が太るとお腹周りがぽっこりとするのは、この内臓脂肪が原因です。

 

それに対して皮下脂肪と言うのは、皮膚の下に溜めている脂肪です。

 

皮下脂肪は、男性より女性に多い脂肪で、女性らしい丸みのある体型のもとなのです。

 

皮下脂肪と言うのは、体温と気温の温度差から体を守ったり、衝撃を吸収したり、生きていく上で必要なエネルギーを蓄えています。

 

また、女性は妊娠や出産の時にエネルギーとして皮下脂肪を使用します。

 

皮下脂肪は、必要な脂肪ではありますが、燃焼しにくいと言う欠点があり、ダイエットをする時にも、減らすのが大変です。

 

腹筋などを行っても、この皮下脂肪は減らすことができないので、皮下脂肪を減らすには有酸素運動を取り入れる必要があります。