体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

食事時間は20分以上かけよく噛む

 

食事はよく噛んで食べることは、消化をよくする効果の他にも、食欲を抑える効果があるので、体脂肪が蓄積されるのを予防することにもつながるのです。

 

満腹感を得るためには、血糖値が上昇することと、ヒスタミンが分泌される必要があります。

 

よく噛み、20分以上かけて食事をすることで消化吸収が良くなり、血糖値が上昇し、満腹感が感じられます。

 

そして、よくかむことで分泌されるのがヒスタミンです。

 

ヒスタミンは、食欲を抑える効果だけではなく、体脂肪を減らす効果もある体内物質です。

 

ヒスタミンが効果的に分解してくれるのは、体脂肪の中でも内臓脂肪です。

 

このことからも、内臓脂肪が多いメタボリックシンドロームの人には効果的な物質と言えます。

 

ですから、体脂肪を減らしたい人は、よく噛んで時間をかけて食べることを心がけましょう。

 

現代人はあまり硬いものを食べない傾向にあり、かむ力が弱まってしまっていると言われています。

 

噛むと言うことは、満腹中枢を刺激するだけではなく、脳への血流が良くなったり、唾液の分泌量が増えるので、消化を助けてくれるアミラーゼが分泌されたり、細菌を減らすなど、健康効果もあります。

 

特に、体脂肪が気になる人やダイエットをしたい人は、よく噛んで食べるようにしましょう。

 

よく噛む習慣をつけることで、体脂肪が蓄積されるのを予防する効果も期待できます。