体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪とDHA(ドコサヘキサエン酸)の関係

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、いわしやマグロなどの青魚の脂に多く含まれていると言われています。

 

不飽和脂肪酸と言われるDHAは、頭が良くなると言われ注目されていましたが、健康効果にも注目されています。

 

DHAは、体脂肪ともかかわりがあります。

 

DHAには、中性脂肪の量を抑えてくれる働きがあるのです。

 

中性脂肪とは血中に溶けている状態の脂肪のことで、この中性脂肪が多すぎると体脂肪へと変わり、体に蓄えられるのです。

 

ですから、この中性脂肪を減らすと言うことは、体脂肪を蓄えにくくすると言うことにつながるのです。

 

中性脂肪が多かったり、体脂肪が高くなると肥満や生活習慣病の原因や悪化にもつながってしまいます。

 

ですから、DHAを摂り中性脂肪を減らすことは、健康効果も期待できることになります。

 

最近は青魚だけではなく、お菓子にDHAが含まれているものがあったり、サプリメントでも簡単に摂ることができます。

 

栄養バランスの取れた食事を心がけるのもいいですが、それがなかなか難しいと言う人は、DHAのサプリメントを取り入れてみるのもよさそうですね。

 

DHAは、中性脂肪を減らしてくれると言っても魚の脂です。

 

エネルギーは高いので、食べすぎには気をつけましょう。

 

その他、DHAには、子供の脳を発達させたり、脳の活性化、アトピーの改善などの効果も期待できるようです。