体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪とインシュリンの関係

 

低インシュリンダイエットと言うダイエット法が少し前に流行しました。

 

インシュリンとは、ブドウ糖をエネルギーに変えてくれる働きをする成分のことです。

 

また、中性脂肪を作り出したり、分解する力を抑えると言う働きもあるのです。

 

ですから、体脂肪を減らしたい人にとっては、インシュリンはあまり出て欲しくはないものです。

 

血糖値が上昇するとインシュリンが出てくるので、糖や炭水化物を摂らないようにし、インシュリンの分泌を防ぐのが、低インシュリンダイエットの考え方です。

 

低炭水化物ダイエットともいいますね。

 

炭水化物は、消化されることで糖となりますが、体にとって必要不可欠な栄養素なので、全く摂らないと言う事は良くありません。

 

ですから、決まった量の炭水化物しか摂らないと言うのが低炭水化物ダイエットです。

 

全く炭水化物を摂らないと言うものではありませんよ。

 

血糖値が穏やかになるとインシュリンが過剰に分泌されることも防ぐことができ、さらに血糖が体全体に行き渡るため、血糖がエネルギーとして消費され、体に脂肪として蓄えられにくくなるのです。

 

ダイエットをしたい、体脂肪を減らしたい人は、インシュリンと上手に付き合っていく必要がありそうです。

 

空腹になると血糖値が上昇しやすくなるので、小腹が空いたら低カロリーなものでお腹を少し満たしてあげるのも効果的のようです。