体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と基礎代謝の関係

 

最近では体重計で体脂肪も測れるものも販売されていて、使用している人も多く、自宅で体脂肪率が簡単にわかるようになりました。

 

そんな体脂肪は、基礎代謝と大きな関係があります。

 

基礎代謝と言うのは、動かなくても体が必要とするエネルギーのことです。

 

全く動かないことも少ないと思うのですが、1日の消費エネルギーの70%ほどは、基礎代謝量と言われています。

 

この基礎代謝は、年齢を重ねていくとどんどん低くなります。

 

その原因は筋肉です。

 

年齢を重ねると筋肉が衰え、基礎代謝も落ちてしまうのです。

 

ですから、筋肉の多い人の方が基礎代謝が高く、エネルギーを消費しやすいのです。

 

年齢を重ねても若い頃と同じような食生活をしていると太ってしまうのは、この基礎代謝が原因だったのです。

 

エネルギーを消費すればするほど、体脂肪はつきにくいので、基礎代謝の高い人は、体脂肪が低いと言えます。

 

体脂肪を減らすには、筋肉をつけて基礎代謝量をアップさせることです。

 

筋肉がついていると、運動をしていなくても消費エネルギーが増えるので、体脂肪が増えにくく、減っていくことも考えられます。

 

筋肉トレーニングは、腹筋や腕立て伏せなどがありますが、もっと簡単に筋肉を鍛えられる方法もあるようなので、自分に合ったトレーニング方法で、基礎代謝をアップさせ、体脂肪が減らせるといいですね。