体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と遺伝の関係

 

たくさん食べれば太るし、食べないと痩せる。

 

それが一般的な考え方だと思いますが、人はそれぞれ体質があり、食事を我慢してもなかなか痩せない人もいますし、ギャル曽根さんのようにどんなに食べても太らない人もいます。

 

これは、遺伝に関係があるとも言われています。

 

両親が太っていると、その子供が太っていると言う確率が高いと感じたことはありませんか?

 

もちろん、その家庭の生活習慣や食生活も関係してくるのですが、両親が太っていると子供は8割が肥満であり、母親だけが太っていると6割、父親だけが太っていると4割が肥満と言う報告もあるそうです。

 

人間には、生まれつき設定された体重があると言われています。

 

それをセットポイント仮説と言い、生まれた時に一定の体重にセットされているので、食事制限や運動などでダイエットをしても、将来的にはその体重に戻ってしまうと言う説です。

 

体重や体脂肪と言うのは、遺伝子で決められていると考えられているのです。

 

最近、レプチンと言う新しい細胞が発見され、セットポイント仮説を裏付けるものとして、注目されているようです。

 

と言うことは、どんなにダイエットをしても、決められた体重があるので、意味がないと言う事なのでしょうか。

 

しかし、意味がないと思って、食生活が乱れたりするのは健康に良くありません。

 

健康のためにも、美しさのためにも、適度な体重管理や体脂肪を適正に保つ努力は必要なのではないでしょうか。