体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪と皮下脂肪の違いは何ですか?

 

ダイエットをしようと思うと、体重を減らすことばかり考えがちですが、実は大切になるのは体脂肪です。

 

体重がいくら減っても、体脂肪が減らなくては意味がないのです。

 

体脂肪と言う言葉はよく知られるようになってきましたが、脂肪とつく言葉は、他にも内臓脂肪、皮下脂肪などがあり、その違いがわからない人も多いようです。

 

その中の皮下脂肪と言うのは、体脂肪の一つです。

 

体脂肪と言うのは、内臓脂肪と皮下脂肪の二つに分けることができるのです。

 

内臓脂肪は付きやすくて取れやすい脂肪ですが、皮下脂肪と言うのは一度付いたらなかなか取れない脂肪です。

 

また、皮下脂肪は男性よりも女性につきやすい脂肪です。

 

皮下脂肪は、手で掴むことができる脂肪です。

 

お腹の周りなどの皮下脂肪の厚さで、肥満度をチェックすることもできるようです。

 

お腹周りは4センチ以上あれば肥満と言えるようです。

 

また、皮下脂肪をそのままにしておくとセルライトに変化します。

 

皮下脂肪が付いていると太って見えるだけではなく、骨格にも負担をかけてしまうことにもつながるので、多過ぎるのは良くないですね。

 

皮下脂肪は温度差から体を守ったり、衝撃を吸収したりと言う大切な働きもしてくれますが、目に見える脂肪なので、できるだけつけたくないですよね。

 

皮下脂肪を燃焼させるには、食生活の改善や運動も大切ですが、皮膚のすぐ下にある脂肪なので、マッサージを取り入れるのも効果的です。

 

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて、生活習慣病の原因などにはなりにくいですが、目に見えて取れにくい脂肪なので、しっかりと解消したいですね。