体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

体脂肪とコレステロールの違いは何ですか?

 

ダイエットをしていると、色々な専門用語を耳にすると思います。

 

最近は、体脂肪と言う言葉はかなり知られるようになって来ましたが、その他にも、コレステロールや中性脂肪、皮下脂肪に内臓脂肪など、似たような名前の言葉が多く、よくわからなくなってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

それぞれの名前は知っているけど、正確に違いを知っている人はあまりいないのではないでしょうか?

 

では、体脂肪とコレステロールは何が違うのでしょうか。

 

体脂肪と言うのは、体についている脂肪のことを言います。

 

体脂肪を量り、体脂肪率が高い場合は脂肪が体にたくさん付いていると言うことになります。

 

一方、コレステロールは、血液中にある脂肪のことを言います。

 

血液中に溶けている脂肪はコレステロールと中性脂肪がありますが、コレステロールは、ホルモンや細胞膜などの材料となるものです。

 

コレステロールの量が多過ぎると血液中で固まり、心筋梗塞や動脈硬化の原因になると言われています。

 

ですから、コレステロールを増やすと危険です。

 

また、コレステロールは燃焼されることがありません。

 

コレステロール値を下げるためには、食べ過ぎや飲み過ぎに気をつけたり、お酒やタバコ、甘いものを控えましょう。

 

また、ストレスを溜めないことも大切です。

 

その他には、コレステロールの多い食品を控えることも大切です。

 

コレステロールを摂り過ぎず、健康な体を手に入れたいですね。