体脂肪を効率的に落とす食事方法と運動方法

お米を食べると体脂肪は増えますか?

 

体脂肪を減らしたいなら、脂肪を減らした方がいいと思いがちですが、体脂肪の原因となっているのは、脂肪よりもむしろ炭水化物が問題となるようです。

 

炭水化物は、消化されることでブドウ糖に分解されます。

 

血液中に糖が増えてくることで、インシュリンと言うホルモンが分泌され、糖をエネルギーに変えて血液中に溜め込もうとするのです。

 

人間の体は、脂肪よりも糖質をエネルギーとして先に使ってしまうので、糖に変換される炭水化物を多く摂ることで、脂肪が燃焼されにくくなるのです。

 

そして、余ってしまった脂肪が体脂肪として蓄積されてしまいます。

 

この原理を利用した低インシュリンダイエットが人気なのも、うなずけますね。

 

お米と言うのは炭水化物を代表される食べ物なので、体脂肪を減らしたいのなら、お米の食べ過ぎは控えたほうがいいかもしれません。

 

同じお米でも、白米ではなく玄米はGI値も低いですし、歯ごたえがあるのでよく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されやすくなります。

 

また、玄米は食物繊維など栄養も豊富なので、ダイエットにもオススメです。

 

ただ、全く炭水化物を摂らないと言うのは、体に悪影響を及ぼすので、栄養バランスを考えて食事をすることが大切です。

 

ちなみに、うどんやパスタなども炭水化物なので、食べ過ぎには気をつけましょう。